今回は明日(2017年12月16日)発売予定のゼクシオ テン レディース ドライバーを試打した際の感想をお話したいと思います。

 

私のお客さまも注目されている方の多い、今、話題のドライバーですね!

 

以下が今回試打致しました仕様詳細になります。

 

 

【仕様詳細】

 

 

 

モデル:ゼクシオ テン レディース ドライバー

ロフト角:13.5度

シャフト:オリジナルカーボン MP1000L(Lシャフト)

長さ:43.5インチ

バランス:C1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【試打印象】

 

 

<1にバランスの良さ!!>

 

最初にビックリしましたのはXXIOとしては当たり前のことではありますが、

 

相変わらずバランスが良いな!!

 

ということです。

 

 

「バランスが良いと、もうわかっているのにそれでもモデルチェンジのたびにあらためてゴルファーにそのバランスの良さに関してビックリ❗❗させる」

 

 

XXIOの開発陣に敬意を評します。

 

私がバランスの中に含めるのは以下の4つのポイントです。

 

 

◆ 飛距離性能

 

◆ 方向性

 

◆ 打ちやすさ 

 

◆ 打感

 

 

全てにおいて相変わらずの出来栄えでしたね。

 

 

 

<2にシャフトの素晴らしさ>

 

次に印象に残りましたのが「シャフトの素晴らしさ」ですね。

 

 

 

 

レディース用のシャフトなので一般レディースゴルファーの方のヘッドスピード30m/秒前後で振っても振りやすかったですし、43m/秒前後でもレディースクラブに付き物の「軟弱さ」もありませんでした。

 

もちろん、そのような速さでも振り心地が変わらないと申しましても、レディースゴルファーの皆さまにとりまして「硬い」あるいは「シャフトがしならない」とお感じになることはないと思いますのでご安心ください。

 

それだけ、シャフトが高性能だということです。

 

 

 

<3にレディース用への配慮>

 

そして印象に残りましたのがレディース用のクラブへの細かな配慮です。

 

レディース用のクラブと申しましても、とかくメンズ用のもののロフト角を増やし、柔らかく短いシャフトを付けて市場に送られる場合が多いのですが、このゼクシオ テンはロフト角を増やし、短く軽いシャフトを装着しているのはもちろんのことですが、さらにメンズのものよりも

 

 

◆ フェースの高さを若干薄くし

 

◆ ヘッドを小ぶりにし

 

◆ 重みをフェースと反対側へと移し

 

 

ています。

 

全てレディースゴルファーの皆さまへの配慮で素晴らしいですね。 

 

 

 

 

<その他>

 

これまでXXIOを使い続けてこられた方や、これから少し高額でも性能の良い新品のドライバーを買おうかとお考えのレディースゴルファーの皆さまには試す価値のある一本であると思います。

 

 

ゼクシオのお話はこちら↓にもございます。

 

ゼクシオをご検討されていらっしゃる方やゼクシオ愛好家の皆さん、お読みになりましたでしょうか?

 

未読の方はどうぞ

 

『ピンチのあとにXXIOあり!』

 

 

 

<須崎からの注意点

 

XXIOはある意味「既に完成しているクラブ」です。

 

一番初めにお話しましたように既に数モデル前からバランスでは定評を得ています。ですから、他社の日本製ゴルフクラブがXXIO的になってきている感もあります。

 

「既に完成されている」ということはもちろん良いクラブの証ですが、一方、「大きな飛躍は必要ない」ということでもあります。

 

誤解のないようにお願いしておきたいのですが、「進化がない」という意味ではありません。たとえばこれまでも素晴らしいシャフトではありましたが、そのシャフトもモデルチェンジのたびに毎回味付けが変わっていますので、ある範囲で「相性が更に良い」、あるいは「相性が多少悪い」ということはあります。

 

 

 

 

【須崎の評価】(※1)

 

飛距離性能:5 ボールの上がりやすさ:4 方向性:4 

構えやすさ:5 打感:5 操作性(※2):2 

 

※1 あくまでも須崎の個人的な評価であり、クラブの性能やあなたとの相性を保証するものではございません。

※2「フック」や「スライス」を打ち分ける際の難易度。数字の低いものほど「曲げにくい」とお考えください。

 

 

 

今回もお読みいただきまして有難うございました😃

また一緒に楽しみましょう!!