【テーマ:プチレッスン】

こちらのテーマでは皆さんに私のレッスンの「氷山の一角」を披露させていただこうと思います。お楽しみください。

※ 私のブログの記事は右打ちの方用として書いています・・・左打ちの皆さま、ごめんなさい。お手数ですが、左右を読み替えていただければ幸いです。

/////////

本日はグリーン上の芝生の目、つまり「芝目」についてお話させていただきます。

初心者/初級者の皆さんの中には「芝生の目?」と言ってもピンと来ない方もいらっしゃると思いますので、まずはそのことからお話します。

【芝目について】

ゴルフ場のグリーンの芝生は短いとはいえ、ある程度高さがありまして芝目とは「芝の葉先がどちらに向いているか?」ということです。

芝先が皆さんのボールからカップに向いているものを「順目」、芝先がカップから皆さんのボールに向いているものを「逆目」、芝先が皆さんのボールからカップに向かって横に向いているものを「横目」と言います。

「順目」ですと転がりが良くなり、「逆目」ですと転がりが悪くなり、傾斜がないと仮定した場合、横目ですと目の向いている方向に曲がります。

ですから、芝目の強い例えば富士山周辺では「傾斜は上っているのに意外に速い」、「上りにしても、いつにも増してかなり遅い」、「傾斜は下っているのに意外と遅い」、「そーっと打っても、行ってしまうものすごい速い下り」、「傾斜はまっすぐなのに曲がる」ということがあります。

【芝目について】

芝目の見分け方の手がかりを教えておきましょう。

<色で見分ける>

一番簡単なのは、「グリーンが明るく(=薄く、白っぽく)見えるか」、「暗く(=濃く)見えるか?」という見分け方です。

ゴルフ場に行きますと、グリーンやフェアウェイで芝生を刈った後が「シマシマに見える」ことがあります。「シマシマに見える」ということは「色に違いがあるということ」ですね。

その「シマシマ」の明るい部分が「皆様から『順目』」、濃い方が「皆様に向かって『逆目』」ということになります。

<その他の見分け方>

◯ グリーンエッジの芝生の向きを調べて知る方法

◯ カップの淵の芝生の向きから調べる方法

◯ 水を流したら、どちらに流れるかイメージして知る方法

◯ ゴルファーが歩く方向に向かって順目という知識で知る方法

ちなみに、パターヘッドでグリーンに触れて調べるのはペナルティーになりますので注意が必要です。

【芝目ができる理由】

「どうして芝目が出来るのか?」・・・ですが、

例えば皆さんが巨人で、大バケツで富士山に水をかけたとしましょう。水は富士山頂上から裾野へ向けて流れますね。同様、大きな芝目の流れはその方向になるのです。

「山から川」あるいは「山から湖」、「山から海」というのが基本的な芝生の目の流れになります。

ですから、富士山のみならず、その土地の「高い山」があれば、芝目はその山から・・・「湖」、「海」、「川」があれば「それらに向かって」いると考えて良いでしょう。

また、芝は多くのゴルファーが歩いて行く方向に倒れますので、それによっても芝目が出来ます。

ちなみにグリーンの芝生の種類でも「芝目の強さ」は変わりまして、最近主流の「ベント芝」は比較的「芝目に左右されにくい」性質持っています。他方、「高麗芝」は芝目が強いので、「高麗芝」のグリーンの時には、今回の話を思い出すと良いと思います。

同伴競技者の上手なゴルファーやキャディーさんが「芝目がこっちへ向いているから」などと、ヒントを出してくれた時に今回のお話は役立つと思います。

/////////

お楽しみいただけましたでしょうか?

お読みいただきまして有難うございました。