【テーマ:プチレッスン】

 

こちらのテーマでは皆さんに私のレッスンの「氷山の一角」を披露させていただこうと思います。お楽しみください。

 

※ 私のブログの記事は右打ちの方用として書いています・・・左打ちの皆さま、ごめんなさい。お手数ですが、左右を読み替えていただければ幸いです。

 

/////////

 

さあ、本日は前回の(その1)に続くお話です。

 

(その1)をご覧になっていらっしゃらない方や「読んだけれど忘れちゃった」という方は↓をご参照ください。

 

『初心者/初級者向け テークバックでの注意点(その1)』

/////////

では、今日のお話です。

 

テークバックは「自然な動き」なのですが、

 

意識し出すと難しいもの

 

です。

 

今日はこのテークバックの簡単なドリルを差し上げましょう。

 

まずクラブは持たなくて結構ですから、

 

両足をそろえてアドレスを取りましょう。

 

そして、

 

① 右手のひらを目標方向へ向け、右手の甲と左手の甲が合わさるようにして下さい。

 

それから、

 

② 手を目標方向へ少し出してから、腕を振り上げましょう。

 

その時に、

 

腕の横への動き

 

とともに、

 

手首がまわって行くこと
 
 
がおわかりになりますか?

 

その「腕の振り」と「手首の調和」が大事

 

になります。

 

手首が固すぎますと、腕の横への振りのみとなり、

 

手首がまわって行きません。

 

この腕の振りと手首の動きを調和させること

 

がテークバックの一つのポイントと言えるでしょう。

 

次に職業上、多くの生徒様を拝見👀して参りまして、テークバックで私が大切だと思うことは、

 

クラブヘッドに誘われて、全てが起こる

 

ということを理解することです。

 

「ナンノコッチャ??」と思われるかもしれませんね。

 

一般的には「左肩が右つま先までまわる」あるいは「腕はここに上げましょう」といったように教えられることが多いような気がしますが、私はこれらは

 

「結果論」

 

だと思います。

 

ゴルフのスウィングは、簡単に言えば、クラブの先の

 

クラブヘッドを振ること

 

ということですから、「クラブヘッドを振った結果」として、当然に手首や腕は

 

「動かされ」

 

ます。

 

形は同じだとしても、

 

「(クラブヘッドに)動かされて出来た形」

 

 

「その形を真似て(腕や手首で)動かした形」

 

では異なります。

 

「振り上げる」というくらいですから、クラブヘッドを振り上げて」行きましょう。

 

くれぐれも、

 

「腕を振り上げるのではない」

 

ことをお忘れなく。

 

本日の内容が表現できたら、
 
 
「クラブヘッド」とみなさまのお体が「正しいトップ」へと導いてくれます。

 

/////////

 

それではまた一緒にゴルフを楽しみましょう👋