【テーマ:プチレッスン】

こちらのテーマでは皆さんに私のレッスンの「氷山の一角」を披露させていただこうと思います。お楽しみください。

※ 私のブログの記事は右打ちの方用として書いています・・・左打ちの皆さま、ごめんなさい。お手数ですが、左右を読み替えていただければ幸いです。

/////////

アプローチやバンカーショットの場合に
 

「左足体重で構えてください」
 

と言われることがありますね。

ゴルフを教えていますとこの

「左足体重での構え」が出来ていない方

をよくお見かけします。
 

どういう間違いが多いかと言いますと、

通常の体勢から、
 

ただ足を左に寄せている(=骨盤を左にずらしている)だけ
 

のゴルファーが圧倒的に多いのです。

「足を左に寄せればそれで『左足体重』!」

と思い違いをされていらっしゃるんですね。
 

それでは思い違いを体験してみましょう。

一度、
 

「足だけを左に寄せた構え」
 

をとってみてください。

そして、
 

「右足を上げてみてください」
 

「ほんの少しの時間も上げていられない」はずです。

これで「右足体重」だということを体験いただきました。

間違いないですよね・・・右足を必要としているわけですから。

そしてこの姿勢ですと、左肩が突き上がっている(=右肩よりも左肩がうんと高くなっている)はずです。

上体がこれだけ傾いていては、

ダウンブローにボールをとらえることは出来ません

ですので、

あなたのアプローチショットやバンカーショットはうまくいかない

のです。
 

それでは正しく左足体重で構えるということはどういうことなのかをご説明していきましょう。
 

 

【本当の左足体重を体験してみよう♫】

① ゴルフの前傾はとらなくて構いません。背骨をまっすぐに普通に立ってみましょう。

そして、

② その状態から背骨を左(目標方向)へ傾けてください。
 

「その状態が左足体重」

ということです。

頭が左⇐へ寄りましたね。

足や腰を左へ寄せているわけではありません。

その状態から前傾すれば
 

「ゴルフの左足体重での構え」の完成
 

です!
 

最後に左足体重に構える
 

とっておきの秘策
 

をレッスンしましょう。
 

足のことや姿勢のことさえ考える必要はございません♫

一見、「左足体重」ということに関係のない「腕」から「左足体重」ということをレッスンしますよ。
 

 

【両肘と左足体重の関係】

左足体重に構えられない方というのは
 

左肘が外(目標方向)へ向き、右肘がご自分の体の方へ向いている
 

ものです。
 

この両肘の向きでは左足体重に構えることは出来ません。

この左右の肘を逆にしてみましょう。つまり・・・、
 

左肘が自分の体に向き、右肘が外(目標と逆)に向くように
 

してみてください。

「先生、言われた通りにやってみましたが、グリップがいつもと違う形になっちゃいます」

という方がいらっしゃると思います。

肘をお願いしたようにしていただきながら、

手首を回してください。

そうすれば今まで通りのグリップで握ることが出来ます。

ハイっ! 出来ましたか?
 

その両肘が出来た時、ご自分の体重はどうなっていますか?

左足体重になっている

と思います。

そして、左肩が

なんだかすごく下がっていて違和感がある

とお感じになると思います。

それで良いのです。
 

それではじめて本当の左足体重ができた
 

わけです。
 

余談になりますが、今回のケースは

左足下がりの傾斜がいつも失敗する

という方にも使っていただけます。

ただし、スライスを多めに見ていただいて、打ち出し方向を間違わないでくださいね。
 

/////////

それではまた一緒にゴルフを楽しみましょう👋