【テーマ:プチレッスン】

こちらのテーマでは皆さんに私のレッスンの「氷山の一角」を披露させていただこうと思います。お楽しみください。

/////////
 

今回は
 

「自己流」と「個性の見分け方」
 

についてお話したいと思います。

あくまでも

須崎流の見分け方ですので

そのおつもりでお読みください。
 

 

<<<<<<>>>>>>
 

「自己流」
 

の言葉には
 

「本物ではない」、「本当のやり方ではない」
 

といったマイナスイメージがくっついているようにお感じになる方が多いのではないかと思います。

ゴルフ🏌をやっていますと、
 

「そんな自己流のフォームじゃダメだよ」
 

なんていう言葉を聞くことがあります。
 

「イケナイ!!」😰
 

と思って自己流を直してしまう前に、
 

一度立ち止まって検討してみる必要
 

があります。
 

あなたのその「自己流」はあなたの「宝物」✨
 

かもしれないのですから・・・。

ゴルフというのはなぜだか、
 

他人からを云々(うんぬん)される
 

あるいは
 

自ら自分のを気にすること
 

が多いスポーツだと思います。

それで、仮にそのショットが上手く行っていても
 

「上手いけれど、格好がね〜
 

なんていうケチが付くこともあります。

そういう時、焦ってはいけませんよ。

一度立ち止まって自分の心に尋ねてみてください。
 

「自分はその格好で、結果を出せているのだろうか?」
 

・・・と。

このことは
 

「自己流」と「個性」の見分けをつける
 

ということです。

比較的、良い結果を反復できていれば、
 

そのままでOK
 

何を言われても気にせずに
 

そのまま押し通しましょう😄
 

なぜなら、それは
 

「自己流」ではなく、あなただけの立派で大切な「個性」✨
 

なのですから・・・。

私の中ではこのようにして整理しています。
 

① 反復して結果を伴わない「自己流」はただの「自己流」

② 反復して結果を伴う「自己流」は立派なあなただけの「個性」
 

①は直さないといけませんが、②は直してはいけません。
 

 

<<<<<<>>>>>>
 

皆さんは「一つ目の猿と二つ目の猿」の話をご存じですか?
 

一つ目の猿と二つ目の猿のお話】

とあるところを放浪していた一匹の猿が500匹の猿の集団に出くわしました。

その放浪猿はその集団に入れてもらおうと願い出ると、500匹の猿に「お前、なんで目が2つあるんだよ」と笑われてしまいました。

放浪猿がもう一度よく見てみると、なるほど500匹の猿の集団の猿は皆目が一つです。

それで、放浪猿は自分が異常なんだと勘違いして、仲間に入れてもらうために目を一つ潰(つぶ)して仲間に入れてもらいました。
 

 

<<<<<<>>>>>>
 

くれぐれも、不必要に自分の大切な目(=個性のことです)を潰さないように気をつけましょう。
 

/////////

それではまた一緒にゴルフを楽しみましょう👋