はい!
今日はつま先上がりの打ち方をご紹介します。

この傾斜はフッカーのプレーヤーが得意で、スライサーのプレーヤーは苦手な傾向があります。

今回もポイントは3つです!

  1. 右を向く
  2. つま先体重で構える
  3. ポールポジションはやや右足寄りに置く

ポイント1 右を向く

ライ角とロフトの関係でフェースが左を向きます。
当然、ボールは左に飛ぶため、アドレスではあらかじめ右を向いて構えます。

傾斜の度合いが強ければ、大きく左に曲がります。

また、使用クラブによってもボールの出方が変わります。
ボールがつかまりやすいショートアイアンは比較的左に飛びやすいです。

またロングアイアンやフェアウェイウッドのようなボールのつかまりが悪いクラブはそんなに左に飛びません。

この辺りはスイングのタイプや持ち球によって異なりますので、コースで自分はどういう傾向にあるのか、確認をしてみましょう。

ポイント2 つま先体重で構える

この傾斜ではスイング中かかと側(谷側)にバランスを崩しやすいです。

そのため、あらかじめ、アドレスでつま先体重で構えます。
母指球にしっかり荷重している感覚を持ってください。

ポイント3 ポールポジションはやや右足寄りに置く

ボールを少し右足寄りに置くことでボールに当たりやすくなります。
どんな傾斜でも「全て右足寄りに置く」と覚えておくとよいでしょう。

あとはバランスを崩さない程度、コンパクトなスイングを意識してください。

詳しくは動画をご覧ください

チャンネル登録お願いします!!
YouTubeチャンネル 幕張ゴルフ倶楽部