今回は「つま先下がり」のポイントをご紹介します。
ポイントは3つです。

  1. かかと体重
  2. 左を向く
  3. ボールを少し右足寄りに置く

この3つのポイントを押さえておいてください。
コースではあれこれ考えられないですからね。

ポイント1 かかと体重

傾斜地では谷側(低い方)にバランスを崩しやすいものです。
アドレスではあらかじめ、山側(高い方)に体重かけていきましょう。
そうすることで、スイングバランスを安定することができます。

ボールの位置が平らなところから打つよりも低い位置になるので、傾斜に合わせて膝を曲げることも忘れずに!

ポイント2 左を向く

つま先下がりではボールが右に飛びやすいので、注意してください。
右にボールが飛びやすいので、打ちたい方向よりも左を向いて構えましょう。

ボールがつかまりやすい(スライスしにくい)ショートアイアンはあまり右に飛ばないので、左を向く度合いは小さくしていきましょう。

逆にボールがつかまりにくいロングアイアンやフェアウェイウッドは大きく右に飛びやすいので、左に向く度合いを大きくしていきましょう。

ポイント3 ボールを少し右足寄りに置く

ボールを少し右足寄りに置くことでボールに当たりやすくなります。

どんな傾斜でも「全て右足寄りに置く」と覚えておくとよいでしょう。

詳しくは動画をご覧ください

チャンネル登録お願いします!!
YouTubeチャンネル 幕張ゴルフ倶楽部