今回も前回に続きまして現在(2018年10月現在)世界ゴルフランキングNo.1のダスティン・ジョンソン選手を教えるブッチ・ハーモン氏も絶賛のセベ・バレステロス選手のアプローチを一緒に学びましょう。

※ セベ・バレステロス選手は右打ちですので左打ちの方は恐れ入りますが、左右を逆に読み替えてください。

 

前回をお見逃しの方はこちら↓をご覧になられてからの方がよりためになると思います。

※ お読みになりたい方はタイトルもしくは「続きを読む」をクリックしてください。

 

『タイガーも教わったセベの小技(アプローチ編1)』

 

 

さて、それでは早速セベにアプローチの極意をまた教わることにしましょう。

 

今回は皆さんの多くが対処の仕方に迷う🤔応用編もありますよ

 

それではセベ、よろしくお願いします。

 

 

 

◎ 様々なグリーン周りの状況での方法

 

 

 

◇ 左足下がりのアプローチの方法

 

 

基本からの変更点は次の通りです。

 

 

⚠ ロフトのあるクラブを使用する。

 

※ 傾斜によってボールが低くなるのに対応するため。

 

 

⚠ 体重はほとんど左足にかける。

 

 

⚠ ショットの最中、起き上がらないように注意する。

 

 

 

 

◇ 左足上がりのアプローチの方法

 

 

基本から次の点を変更します。

 

 

⚠ 弾道が高くなるのでロフトの少ないクラブに変更する。

 

※ サンドウェッジであればアプローチウェッジにという具合に。右足体重になり、ロフト角が増えるため。

 

その他の点は基本版と同じです。

 

 

 

 

◇ つま先下がりのアプローチの方法

 

 

基本から次の点を変更します。

 

 

⚠ 体は基本よりもさらに目標のやや左に向ける。

 

※ 右へ飛ぶ傾向があるため。

 

 

⚠ ほぼいっぱいの長さで握る。

 

 

⚠ スタンスは広めに取る。

 

※ 傾斜に合わせるためとアップライトなスウィングのため。

 

 

 

 

◇ つま先上がりのアプローチの方法

 

 

次の点に注意します。

 

 

⚠ クラブフェースは心持ちオープンにする。

 

 

⚠ 体は目標のやや右に向ける。

 

※ 左へ飛ぶ傾向があるため。

 

 

⚠ 短く握る。

 

 

⚠ 心持ち高い姿勢で構える。

 

※ 傾斜に対応するため。

 

 

⚠ インパクト後は手首が返らないように「右手が左手よりも下」にあるように注意する。

 

※ 手首が返るとバックスピンが損なわれます。

 

 

 

 

◎ チッピング

 

須崎註:欧米の選手をはじめとしまして海外の選手は「チップ」(Chip)「チッピング」(Chipping)「チップショット」(Chip shot)という言葉を使いますが、「グリーン周りの一般的なアプローチとお考えください。

 

チッピングは私(セベ)の最大の強みです。

 

 

⛳ 使用距離:主に20ヤード以内

 

 

この状況からはショットの選択肢が二つあります。

 

ひとつは高めのチップショット、もう一つは低めのチップショットです。

 

 

 

◇ 高めのチップショットの方法

 

 

⛳ 使用する状況:グリーンエッジからピンが近いとき

 

 

 

⚠ 使用クラブはサンドウェッジ。

 

 

⚠ スタンスは狭めのオープンスタンス。

 

※ 足、膝、腰、肩の向きはそろえる。

 

 

⚠ 体重はほんの少し左足。

 

 

⚠ クラブフェースはほんの少しオープン。

 

 

⚠ グリップ位置はボールより若干前(若干のハンドファースト)

 

 

⚠ グリップは柔らかく。

 

 

⚠ ボール位置は左足かかと延長線上。

 

 

⚠ スウィング中、手首は使わない。

 

 

⚠ グリーンエッジを少し越えたところに落とす。

 

 

 

 

◇ 低めのチップショットの方法

 

 

⛳ 使用する状況:グリーンエッジからピンが遠いとき

 

 

 

⚠ 使用クラブは9番アイアン(※)。

 

※ 須崎註:ロフト角43度前後のもの。近年のクラブはロフトの立っているものが多いのでピッチングウェッジの選択となる場合もあります。

 

 

他の点はサンドウェッジを使用した時とまったく同じです。

 

 

 

 

◎ パターを使用したアプローチの方法

 

 

パターを使ってアプローチすることはとても大切なことです。

 

 

Bad putt is sometimes better than a good chip

 

「しばしば気に入らないアプローチパットはうまく打ったチップショットよりも結果が良いものです」

 

                      - – – By Seve

 

 

 

⛳ 使用する状況:

 

風が強いときボールとグリーンの間にあまり草が生えていないとき

 

 

⚠ グリーン上のパッティングと同じでよいが、少し大きめに転がす。

 

 

 

 

◎ サンドウェッジの刃で打つアプローチの方法

 

 

私たちは「ベリーウェッジ」(Bellied wedge)と呼んでいます。

 

 

 

⛳ 使用するとき:ラフにボールが立てかかっている状況のとき

 

 

 

 

 

方法は次の通りです。

 

 

⚠ 使用クラブはサンドウェッジ。

 

 

⚠ クラブは短く持つ。

 

 

⚠ クラブヘッドがボールの赤道に来るように構える。

 

 

⚠ しっかり振り、クラブの刃(=リーディングエッジ)でボールの赤道を打つ。

 

※ わざとトップさせる。

 

 

⚠ ボールはパットのように転がる。

 

 

 

♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬

 

 

さて、タイガーも当時のコーチのブッチ・ハーモンから教わったセベの技・・・今回はいかがでしたでしょうか?

 

まだ続きますが、残りは次回と致しましょう。

 

今回もお読みいただきまして有難うございました

 

 

 

※ 関連記事のご紹介

お読みになりたい方はタイトルもしくは「続きを読む」をクリックしてください。

 

 

『セベ・バレステロスの5番アイアン』