今日はなかなか知られていないことをお話しますよ。

100切りを目指している皆さんの多くは、トップに上げたら

「体重が右に移って来ているので、その体重を『左に戻して』打たないとボールに当たらない」

と思っていらっしゃるのではないでしょうか?

実際にそのように指導しているコメントは多いですものね。

ところが・・・です。私のところにお越しになられて長い間悩んでおられる方の多くが「体重移動しすぎて」打ち損なってしまっていらっしゃるのです。

ゴルフを教えていますと「人体はゴルフをするためにあるのではないか?」と思えるときがあります。

余談になりますが、一つ例を挙げましょう。

皆さんのグリップを見て下さい。

上手にグリップができていると、右利きの方の場合、

「右手のひらの生命線に左手の親指が見事に収まる」

ことがおわかりになるでしょう。

まず、右手のひらです。下の写真をご覧ください。赤い矢印が指すのが生命線になります。

左親指はこのように生命線に沿います。

これでグリップ完成です。

 

////////////

同様にダウンスウィングの時、右に移された体重や回転した肩や腰は

「何もしなくとも」、

「何もしなくとも」ですよ!!

・・・腕を正しく振り下ろせば「戻ってくる」のです。

なのに、皆さんが「体重移動」をしてしまったら・・・?

・・・そうです、インパクトの際にもとに戻ってきません。

「体重移動しなさい」というのは「写真」や「動画」を見ての結果論からの話

です。

もちろん、結果は

「体重移動した形」

にならないといけません。

そして、今日お話したことを実践していただきますと、写真や動画でご覧になると

皆さんがやっていないのに「体重移動」や「ボディーターン」をしている

ことがおわかりいただけると思います。

そのように覚えておかれると回り道しなくて済みますよ♪

それではまた一緒にゴルフを楽しみましょう👋

/////////

【テーマ:プチレッスン】

こちらのテーマでは皆さんに私のレッスンを披露させていただこうと思います。お楽しみください。

※ 私のブログの記事は右打ちの方用として書いています・・・左打ちの皆さま、ごめんなさい。お手数ですが、左右を読み替えていただければ幸いです。