本日はパッティングのライン(※)についてお話しましょう。

 

※ <ラインとは?>
初心者/初級者の皆さんのためにご説明させていただきますね。
「ライン」というのは「ご自分のボールがカップに入る際にたどる道のこと」です。

 

さて、コースをまわっていますとグリーン上で自分のボールの正しいライン」を見つけようとして皆さん、ご自分で探したり、自分のラインに近い自分より先に転がす同伴競技者のボールが転がる様子を「これはラッキー」とばかりに参考にしようと目を皿のように👀しますね。

 

ここで多くのゴルファーが間違いを犯しています。

 

それは、

 

自分のボールからカップまでの正解なラインは一通りしかない

 

と思い込まれていらっしゃるということです。

 

あなたのボールからカップまでのラインは一通りではありません!

 

なぜなら、パッティングで転がしたボールにはショット同様、人それぞれ
 
◯ ボールスピードの違い
 
◯ スピン量
 
の違いがあるからです。

 

よく、同じラインの同伴競技者に「このラインはカップ一個右だよ」というふうに教えていらっしゃる方がいますが、他人に正確にラインを教えるには、

 

その教わるゴルファーのボールのスピードや回転といった「球質」を教えるゴルファーが知らないといけない

 

ということです。

 

ですから、時と場合によりましては
 
自分で転がしたラインと違うラインをアドバイスしなくてはならない時もある

 

ということでもあります。
 
思い返してご覧になりますと、
 
指示されたとおりに転がしたのに入らなかった
 
あるいは
 
同伴競技者のラインを参考にしたのに「自分の場合は曲がらなかった」(or「自分の場合は曲がった」)
 

という記憶はありませんか?

それはまあ、このようなことが理由としてあり得たかもしれませんね。

 

/////////

 

初心者/初級者のうちはラインの検討がつかないことが多いでしょうから、アドバイスを受けることはやむを得ないとは思いますが、少し上手になったら、自分がパッティングで転がすボールの特徴をつかんで、

 

自分だけの正しいライン
 
を見つけるようにしましょう。

 

「自分の道(=ライン)は自分で決める」

 

ということですね。

 

ゴルフが上達するだけでなく、人とは違うプチな楽しみ方が出来ますよ😄

 

まあ、ただそれでも初めのうちは何か手がかりが必要でしょうから、以下のことからお始めになってみてはいかがでしょうか?

 

ご自分が「強めに入れるタイプ」なのか「弱めにカップに流しこむように入れるタイプ」なのかを見極める。

 

「強めに入れるタイプ」のゴルファーは直線的に曲がりを少なめに、「弱めにカップに流しこむように入れるタイプ」のゴルファーは曲がりを多めにみましょう。

 

最後に私がそのストロークに惚れているブラッド・ファクソンが『ラインは幾つもある』という本日のテーマに沿ったことを以下で実演してくれています。英語ですが、ご覧になるだけでおわかりになりますのでご安心ください。

 

彼が置いたマークの上を通るラインと下を通るラインで同じカップに入れてくれています。

 

「ラインは異なる」ということについては理解された方でも、「ここまで変わるとは思わなかった」と思われる方も少なくないと思います。

 

また、そのラインの違いにビックリされるだけではもったいないです。

 

是非ファクソン選手のパッティングストロークも味わってみてください。

 

それではお待たせ致しました。

 

こちらになります。どうぞ↓

 

 

/////////

 

お楽しみいただけましたでしょうか?

 

本日もお読みいただきまして有難うございます。