前回のプチレッスンでお約束しましたように、今回もここ2回のテーマであります『アドレスの際に目標へ向けているかどうか』ということに関しての話になります。

 

今回は

 

「向いている方向」と「スウィング」の関係

 

についての話です。

 

今回も含めました3回の話で、ものすごく大切なことであります

 

アドレス時の体の向き

 

に関してアベレージゴルファーが知っておくべきことは網羅されていると私は思いますので前二話を未読の方はこちらをどうぞ。

 

 

『超必見!! <アドレスの向き>のお話』

 

『ラウンドを利用してアドレスを上手に立てるようになろう!』

 

 

 

さて、本日のレッスンに入ることに致しましょう。

 

 

【レッスン】

 

アベレージゴルファーにはあまりおなじみがないかもしれませんが、

 

「アドレスの際に向いている方向」と「スウィング」

 

には非常に関係があります。

 

ですから、あなたが打ちたい方向へ正しく向くことが出来ませんと

 

あなたは良いスウィングができない😨

 

ということになります。

 

仮にいくらスクールで良いスウィングを築いたとしても、

 

自分の打ちたい方向へアドレスを取ることが出来なければゴルフ場ではその良いスウィングが出来ない

 

ということです。

 

それだけアドレスは大切なのですが、どうもスコアの大きいゴルファーの皆さんはこの地味なアドレスに関して注意を払わない傾向にあります。

 

実にもったいないことですし、指導者として悲しい😥ことです。アドレスにもう少し気を配ればゴルフがウンと上手になるのに・・・。

 

それでは具体的にどのような症状が出るのかを見ていきましょう。

 

 

 

◎ 打ちたいところよりも右を向いたアドレスが生むミススウィング

 

『超必見!! <アドレスの向き>のお話』で多くのゴルファーは「(真ん中を含めました)右方向へショットを行う際に『必要以上に右を向く』」ことをお話しました。

 

この時、仮にあなたが立っている向き(=目標より右方向へ向いています)に良いスウィングをし、会心の球が出たとしましょう。当然、このボールはあなたが狙っていたところではなく、あなたが実際に向いていたところへ飛んでいきますね。

 

実際にOB方向や林方向へ向いてナイスショットをして嘆いているゴルファーはあなたが思うよりも多いものです。

 

さて、そのようなことが続き、「右にばかり飛ぶ」ということになりますと人は賢いので

 

自己修正

 

をし始めます😁

 

この自己修正がなかなか曲者(くせもの)でして、言ってみれば「病気の原因を覆い隠してしまう」ことになりまして大勢のゴルファーが非常に苦しみ😥、上達しない原因となるのです。

 

下の絵をご参照ください。

 

 

 

ご自分では正しく『A』(🚩の方角)の方向を向いていると思いこんでいるあなたは実際は目標の右『B』を向いています。

 

目標から右へ向いている角度を図にありますように『α°(アルファ度)』としましょう。

 

このままいいスウィングをしますとバンカーの方向へ飛びますよね。

 

こうした「右へ飛ぶ」ことの経験が積まれてきますとゴルファーは

 

「右を嫌がる」😣あるいは「左へ打とう」

 

と自己修正を意識的/無意識的に行ってしまいます。

 

ザックリ申しますとクラブを下の図のように『α°(アルファ度)』分だけ左へ振ろうとします。

 

 

 

このように体の向きに対しまして左へ引っ張るように振った場合に、フェースが目標(図では🚩の方角)へ向いてインパクトをすればボールは左へ飛び出して右へ曲がるスライスとなります。

 

そして、もちろんのことですが、バンカー方向へ飛んでいるときが良いスウィングなわけですから、左へ振るスウィングは「良いスウィングとは言えない」わけです。

 

この修正スウィングでもさまざまな条件が重なりまして良い球が出ることもあります。それがまた厄介なのですね。

 

「良い球が出るのだから、このスウィングで間違ってはいない。練習が足りないんだ」

 

というようにミスの原因にメスをいれるのではなく、ミスの原因を覆ってしまうのです。

 

ゴルフをされている方の中には右へ球が飛んでしまって、あるいは右へ曲がってしまってお困り😨の方が多いものです。

 

そうしたゴルファーが多い一つの理由は一緒に見てまいりましたようにアドレスの立ち方・・・特に目標よりも右を見て立ってしまう誤りにあるのです。

 

スウィングを向上させることも大事ですが、今回の話で「アドレスで打ちたい方向へ正しく立てることも、あわせて学ばないと良いスウィングはできない」ということを学んでいただけたのではないかと思います。

 

今回もお読みいただきまして有難うございました😃

また一緒に楽しみましょう!!