今回は日本が誇るアイアン作りの名手についてお話をさせていただきたいと思います。

 

その名手といいますか、もう名工ですね・・・の名は、

 

✨ 三浦勝弘氏 ✨

 

です。

 

株式会社 三浦技研の創業者です。

※ 三浦技研さんにお立ち寄りになられたい方は上記「三浦技研」をクリックしてお訪ねになってみてくださいね。

 

ゴルフクラブが好きな人にとりましては当たり前の話ですが、意外にご存じない方が多いので、ここでご説明させていただきますと、例えば(撤退してしまいましたが💧)ナイキのアイアンクラブと言いましても、ナイキ社で作っているわけではなく、クラブヘッドを制作する会社というのがありまして、そこが制作したクラブヘッドにナイキの刻印を入れるわけです。

 

ミズノのクラブのように自社で制作しているものもありますが、非常に珍しいです。

 

三浦勝弘氏はそうした大手メーカーにクラブヘッドを納入する職人さんでした。

 

ミズノのアイアンというのは今でも人気があるのですが、私の記憶が正しければ1995年くらいまでは三浦さんの手によるヘッドが収められていました。

 

三浦さんは大手メーカーにクラブを納入していたものですから、例えば1991年のマスターズトーナメントでは優勝✨(イアン・ウーズナム<ウェールズ>)、2位(ホセ・マリア・オラサバル<スペイン>)の選手の手に握られていました。

 

ミズノのアイアンの良さとあいまって、徐々に三浦さんの技術は世界に知れ渡っていきます。

 

三浦さんの凄さを物語る話として、タイガー・ウッズ選手がプロになる時に彼はタイトリストとクラブ・ボール契約をしたのですが、アイアンを作ってもらうのに「三浦氏にクラブを作ってもらうこと」をタイトリスト社に要求しました。

 

タイトリスト社はタイガーの専属になってもらうように三浦さんへ依頼したのですが、三浦さんはこの専属の話を断ります

 

専属にはなりませんでしたが、タイガーの多くの優勝に貢献したタイトリスト社のタイガー・ウッズモデルは三浦さんの手によるものです。

 

三浦さんは会社を興すにあたりまして、「三浦技研ブランド」のアイアンヘッドを発売します。

 

そうした三浦さんの息の入ったアイアンを使いたくて、私も三浦技研さんの中でもヘッドの大きさが最小で歴代の三浦技研のアイアンの中で最も難しいと言われたMB-5002や一番簡単なCB-3003というモデルなどを使いました。

※ MB−5002やCB-3003をご覧になられたい方は上記「MB−5002」や「CB-3003」をクリックして、その姿をご覧になってみてください。

 

MB-5002は「もう必要な大きさしかない!」というほどクラブフェース/クラブヘッドが小さいアイアンでした。

 

三浦技研には「Miuraism」というモデルがありまして、三浦技研さんと相談の上、アイアンを作ってもらえるというモデルがあります。

※ 「Miuraism」をご覧になられたい方は上記「MB−5002」や「CB-3003」をクリックして、その姿をご覧になってみてください。

 

・・・高価💰ですが。

 

このようにゴルフ業界にも素晴らしい✨職人さんが存在しているんですね!

 

今回もお読みいただきまして有難うございました😃

また一緒に楽しみましょう!!