今回はゴルフクラブの

 

「クラブヘッド」

 

について名称の方角からお話してみたいと思います。

 

クラブヘッドの地面に触れる底の部分を

 

「ソール」

 

ということは皆さまもご存じだと思います。

 

「ソール」といえば「靴」👟を思い出される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

続いてクラブヘッドの部分のうち、シャフトが挿入されている手元寄りを

 

「ヒール」👠

 

と呼びます。女性が履く「ヒール」という「靴」がありますね。

 

そしてその反対側が

 

「トウ」

 

「トウシューズ」という「靴」がありますね。

 

最近は「トゥ」と書いてある記事も多いですが、筆者は「トウ」の方がふさわしいと思います。

外国人に「トゥ」と言っても通じないのではないでしょうか?

外国人に「トマト」と言っても通じないのと同じです。あっ、ちなみに「トマト」は英語🔤では「トメイトウ」🍅ですよ。

 

話がちょっと脱線してしまいましたが、このようにクラブヘッドは「靴」に見立てられているのです。

底である「ソール」から「トウ」と「ヒール」をご紹介したのが下図となります。

 

 

 

 

今回もお読みいただきまして有難うございました😃

また一緒に楽しみましょう!!